コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松物語 チカマツモノガタリ

デジタル大辞泉プラスの解説

近松物語

1954年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:近松門左衛門、脚色:依田義賢。出演:長谷川一夫、香川京子、進藤英太郎、小沢栄、南田洋子、田中春男、浪花千栄子ほか。第5回ブルーリボン賞監督賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近松物語
ちかまつものがたり

日本映画。1954年(昭和29)作品。溝口健二(みぞぐちけんじ)監督。近松門左衛門の『大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)』を作家の川口松太郎が脚色したものをもとに依田義賢(よだよしかた)が脚本を執筆。大経師の妻おさん(香川京子(かがわきょうこ)、1931― )と手代の茂兵衛(長谷川一夫(はせがわかずお))は、不義をはたらいたと誤解されたことから家を抜け出し、二人の道行が始まる。身分の違いによる拘束を、男女の結び付きの強さに逆転させ、道行から処刑までの道程を清楚(せいそ)に、また凛然(りんぜん)と描き出して、格調の高い作品に仕上げ、近松の文芸が醸し出す世界を垣間(かいま)見せた。本作は、溝口が撮った西鶴による『西鶴一代女(さいかくいちだいおんな)』(1952)や上田秋成(うえだあきなり)による『雨月物語(うげつものがたり)』(1953)より戯曲性が強く、室内でのシーンが多い。宮川一夫(みやがわかずお)(1908―1999)カメラマンの撮影は、ローキートーン(暗い画調)による日本家屋の美的な陰影に妙味を見せ、テーマである封建制度の暗さも象徴する見事な画面となった。日本の伝統楽器を用いた早坂文雄(はやさかふみお)の音楽も画面を引き締める。屋根も含めてまるごと建てた家屋のセット、リアリズムによる人物の心理描写などには、溝口が日活時代に助監督についた田中栄三(たなかえいぞう)(1886―1968)監督の影響もみられ、溝口の演出スタイルが凝縮した作品である。[千葉伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

近松物語の関連キーワードおさん/茂兵衛進藤 英太郎長谷川 一夫小沢 栄太郎依田 義賢南田 洋子岡本 健一早坂 文雄宮川 一夫溝口 健二水谷 浩新派劇

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近松物語の関連情報