凝視(読み)ギョウシ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐し【凝視】

[名](スル)目をこらして見つめること。「闇(やみ)の中を凝視する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょう‐し【凝視】

〘名〙 じっと見つめること。目をこらしてみつめること。
※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉二「古山は、野卑な目付に憤怒の色を湛へて自分を凝視して居る」 〔白居易‐霓裳羽衣舞歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報