コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西鶴一代女 サイカクイチダイオンナ

デジタル大辞泉の解説

さいかくいちだいおんな〔サイカクイチダイをんな〕【西鶴一代女】

溝口健二監督による映画の題名。昭和27年(1952)公開。井原西鶴浮世草子好色一代女」を翻案したもの。出演、田中絹代、三船敏郎ほか。ベネチア国際映画祭銀獅子賞、第7回毎日映画コンクール音楽賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

西鶴一代女

1952年公開の日本映画。英題《Life of Oharu, The Gallant Lady》。監督:溝口健二、脚本:依田義賢、撮影:平野好美、音楽:斎藤一郎。出演:清水将夫、三船敏郎、田中絹代、山根寿子、浜田百合子、宇野重吉、菅井一郎ほか。ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞。第7回毎日映画コンクール音楽賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西鶴一代女
さいかくいちだいおんな

日本映画。溝口健二(みぞぐちけんじ)監督の1952年(昭和27)公開の新東宝作品である。原作は江戸時代の井原西鶴(さいかく)の小説『好色一代女』で、性への執着から逃れられない女が、さまざまな形の売春を経験したあげく、尼になって自分の人生をおもしろおかしく懺悔(ざんげ)するというものである。溝口はこれを戦後の民主化の時代にふさわしく、女性を売春に追い込む封建社会の男たちを批判するという内容に変えた。脚本は依田義賢(よだよしかた)が書き、田中絹代が、貴族の召使いから大名の側室、島原の太夫(たゆう)、そして夜鷹(よたか)(街娼(がいしょう))にまで至る女の一生を演じた。美しく重厚で、悲劇性も喜劇性も含んだ大作である。ベネチア国際映画祭で銀獅子(じし)賞を受賞。1953年の『雨月物語(うげつものがたり)』、1954年の『山椒大夫(さんしょうだゆう)』と3年連続の銀獅子賞で、一躍溝口は世界の巨匠に列することになった。そして溝口独特のワン・シーン=ワン・ショットとよばれる長回しの手法は、当時のヨーロッパの若い映画作家たちに強い影響を与え、やがてヨーロッパ映画に長回しの流行さえ生じさせることとなった。[佐藤忠男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西鶴一代女の関連キーワード日本映画史(年表)進藤 英太郎依田 義賢田中 絹代市川 春代溝口 健二山根 寿子神谷 正和近松物語水谷 浩神谷正和雨月物語松原綾央大井靖彦加納幸和嶋倉雷象大泉滉時代劇

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西鶴一代女の関連情報