コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

便無し ビナシ

デジタル大辞泉の解説

び‐な・し【便無し】

[形ク]びんなし」の撥音の無表記。
「心寄せきこゆべき人となむ思う給ふるを、もし―・くやおぼしめさるべき」〈・早蕨〉

びん‐な・し【便無し】

[形ク]
都合が悪い。ぐあいが悪い。びなし。
「―・き事など侍りとも」〈・八四〉
似合わしくない。びなし。
「簀子(すのこ)などは―・う侍りなむ」〈末摘花
いたわしい。ふびんである。びなし。
「いと―・ければ、許しやりぬ」〈風俗文選・落柿舎記〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びんなし【便無し】

( 形ク )
折が悪い。都合が悪い。具合が悪い。 「人目多くて-・ければ/源氏 夢浮橋
似つかわしくない。ふさわしくない。あるべきでない。けしからぬ。 「細殿に-・き人なむ、暁にかささして出でける/枕草子 238
気の毒だ。 「語るも-・き子故の闇/歌舞伎・水天宮」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

便無しの関連キーワード心寄せ水天宮

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android