コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保存血 ホゾンケツ

世界大百科事典 第2版の解説

ほぞんけつ【保存血 preserved blood】

輸血用血液は,採取した血液に抗凝固剤であるACD液またはCPD液(いずれもクエン酸,クエン酸ナトリウム,ブドウ糖からなり,後者にはリン酸水素ナトリウムNaH2PO4が加わる)を加え,主として赤血球の代謝を抑えるために4~6℃で保存されるが,保存血には全血と濃厚赤血球が含まれるが,現在濃厚赤血球は全血よりバフィコート(白血球と血小板を含む成分),血漿のほとんどを除き,新しい保存液MAP液(マニトール,アデニン,フォスフェート)を加えた赤血球MAPを指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほぞんけつ【保存血】

輸血に用いるため供血者より得た血液に抗血液凝固剤を加え、冷所に保存してある血液。有効期間は三週間。保存血液。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

保存血の関連キーワード高カリウム血症血液代用薬冷凍血液乾燥血漿血液製剤抗凝血薬翔薬紫斑

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保存血の関連情報