コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保安隊 ほあんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保安隊
ほあんたい

1952年7月 31日保安庁法の制定により,それまでの警察予備隊を第1幕僚監部のもとに改編した陸上部隊。当初約 10万 8000人であった。同法では,海上部隊は警備隊といい,それまで海上保安庁所属であったものを,新たに保安庁の第2幕僚監部のもとに入れた。警備隊は,当初 127隻約3万 500tを保有した。その後,54年7月に保安隊は陸上自衛隊に,警備隊は海上自衛隊にそれぞれ再改編され,警察的機能から軍隊的機能へと移行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

保安隊【ほあんたい】

自衛隊の前身。保安庁法(1952年)により保安庁に設けられた国家防衛と警察を任務とする機関。警察予備隊を発展強化したもの。1954年国防を主務とし警察を副務とする自衛隊に移行。
→関連項目陸上自衛隊

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほあんたい【保安隊】

1952年(昭和27)警察予備隊を改組して発足した陸上部隊。54年自衛隊へと発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保安隊
ほあんたい

1952年(昭和27)7月31日制定公布された保安庁法に基づき、同年10月15日警察予備隊が保安隊に改編された。海上部隊の警備隊とともに治安維持を任務とした実力組織。1954年7月、自衛隊に改編された。[藤井治夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の保安隊の言及

【自衛隊】より

… その後,51年に日本はサンフランシスコ条約によりアメリカ,イギリスを中心とする自由主義諸国との〈片面講和〉の条約を結び,同時にアメリカとの間に日米安全保障条約を結ぶことで,アメリカ陣営に決定的に参加する形で独立を回復した。同条約の下で軍隊を引き続き駐留させて日本の防衛を担ったアメリカは,日本の防衛力の漸増を〈期待〉したので,それに応じて52年8月に保安庁が新設され,警察予備隊は保安隊に,海上保安庁内の海上警備隊も保安庁内の警備隊へと改組された。保安隊は,〈新国軍の土台〉(吉田首相)とされ,法制度上もその任務が警察活動を一歩踏み出した〈平和と秩序〉の維持に求められ,また,実態面でも,公職追放を解除された旧軍人が続々と参加し,装備も強化されるなど,軍隊の性格が一段と濃くなった。…

※「保安隊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

保安隊の関連キーワードG. エッシェリヒ冀東防共自治政府統合幕僚会議パナマ(国)MDA協定憲法第9条有末 精三ゲシュタポ日中戦争通州事件スハルト逆コース自衛隊法石井政雄露崎大將トリホス日米関係藤井治夫居昌SS

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保安隊の関連情報