コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信州新 しんしゅうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信州新
しんしゅうしん

長野県北部,長野市南西部の旧町域。筑摩山地の北部に位置する。1955年日原村,信級村,新町が合体して成立。1956年牧郷村の一部を編入。2010年長野市に編入。中心集落の新町は北流する犀川左岸にあり,昭和10年代までは犀川舟運の河港でもあった。農村部はほとんど傾斜地でかつては養蚕が盛んであった。米作,果樹や花卉,陸ワサビの栽培が行なわれる。工業は弱電関係が中心。景勝地の琅鶴湖(ろうかくこ)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信州新
しんしゅうしん

長野県北部、上水内(かみみのち)郡にあった旧町名(信州新町(まち))。現在は長野市の南西部を占める地域。1955年(昭和30)新町と日原(ひはら)、信級(のぶしな)の2村が合併して成立。2010年(平成22)中条(なかじょう)村とともに長野市へ編入。筑摩(ちくま)山地を深く侵食する犀(さい)川に沿う山間の町で、国道19号が通じる。急傾斜地が多く、米作のほか果樹、野菜栽培などが行われる。中心地区の新町は明治、大正時代は養蚕と麻の取引で栄えた。近世後期から明治にかけてはここから松本まで犀川の通船があった。現在は農業と観光の町である。犀川には久米路(くめじ)橋や人造湖の琅鶴(ろうかく)湖などの景勝地がある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

信州新の関連キーワード長野県長野市信州新町水内中条(長野県の地名)信州新町化石博物館信州新町美術館長野市立博物館有島生馬記念館塩入 松三郎長野県長野市信州新〈町〉南信州新聞富田 斅純長野(市)有島生馬牧之島城美寿々錦葛山城

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信州新の関連情報