コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信州街道(読み)しんしゅうかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信州街道
しんしゅうかいどう

静岡県中部,萩間川の河港であった相良港から長野県飯田市にいたる旧街道。遠江 (とおとうみ) 東部の年貢米積出しをした相良から牧之原台地掛川 (東海道との交点) ,森,春野を経て,秋葉山付近から天竜川沿いに北上し,長野県との県境の青崩峠を越え,小川路峠を経て飯田市にいたる。古くから遠州-信州を結ぶ「塩の道」であった。海岸地方と山地を結ぶ重要な街道で,掛川-秋葉山の区間と,信州の地域内は秋葉街道とも呼ばれた。現在は,飯田-秋葉山付近は国道 152号となっているが,青崩峠付近は車輌通行困難,秋葉山付近以南は衰微している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の信州街道の言及

【遠江国】より

…袋井はやや遅れるものの,おそらくは白須賀も含めて,他の宿駅は関ヶ原の戦の翌1601年(慶長6)に設置されており,幕府開設以前であることからも,東海道を重視した徳川氏の意欲がうかがわれる。また東海道の脇往還として,浜名湖の北部を通る本坂道(通称姫街道)があり,さらに秋葉山から水窪(みさくぼ)を通り,青崩峠を越えて伊那に至る信州街道(秋葉街道)も,地方道として重要であった。遠州からは魚や塩などの海産物,信州からは米や茶などがもたらされた。…

※「信州街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信州街道の関連情報