コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青崩峠 あおくずれとうげ

2件 の用語解説(青崩峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青崩峠
あおくずれとうげ

静岡県西部の浜松市長野県南部飯田市の境,中央構造線を通る信州街道 (秋葉街道 ) 上の峠。標高 1082m。その名は北側にある青色をした岩石の山崩れに由来する。国道 152号が通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青崩峠
あおくずれとうげ

静岡県浜松市天竜区水窪(みさくぼ)町と長野県飯田(いいだ)市南信濃(しなの)地区との間の峠。標高1082メートル。地質構造上有名な中央構造線がこの峠を通り、南北に走るので、地形的には通谷となっている。遠州(静岡県)と信州(長野県)とを結ぶ交通路や、秋葉(あきば)神社への参詣(さんけい)道が峠を越え、信州街道、秋葉街道、塩の道などとよばれた。1996年(平成8)静岡県の史跡、1999年には南信濃村(現、飯田市)の史跡に指定されている。破砕帯が通過するために山地の崩壊が激しく、国道152号も峠の区間は未開通で、国道474号(三遠南信道)と兵越峠(ひょうごしとうげ)を越える林道がその迂回(うかい)路となっている。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青崩峠の関連キーワード浜松長野県飯田市飯田上長野県飯田市追手町長野県飯田市上飯田長野県飯田市川路長野県飯田市嶋長野県飯田市千代静岡県浜松市南区飯田町静岡県浜松市南区下飯田町静岡県浜松市中区

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone