値遇(読み)チグ

  • ちぐう
  • 値▽遇

デジタル大辞泉の解説

縁あってめぐりあうこと。特に、仏縁あるものにめぐりあうこと。ちぐう。
「大慈大悲の薩埵(さった)に―し奉らば」〈太平記・二〇〉
[名](スル)
値遇(ちぐ)」に同じ。
「大唐の玄奘法師に―し奉り」〈中島敦・悟浄出世〉
知遇(ちぐう)」に同じ。
「―を得た君臣の間に」〈鴎外阿部一族

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ぐ」は「遇」の正音、「ぐう」は慣用音)
① 仏語。前世の宿縁によって現世にであうこと。また、仏縁あるものにであうこと。ちぐう。
※観智院本三宝絵(984)下「在々所々常に三宝に値遇したてまつる」
※太平記(14C後)二〇「仏前仏後の導師、大慈大悲の薩埵に値遇(チグ)し奉らば」 〔法華経‐化城喩品〕
〘名〙
① (━する) =ちぐ(値遇)
※譬喩尽(1786)二「値遇(チグウ) 仏書有縁用語」
② (━する) 出会うこと。めぐりあうこと。遭遇。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)一二月六日「土民或含梟悪之意、値遇謀叛之輩候」 〔爾雅注‐釈言〕
③ (━する) 親しくすること。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「あれに値遇した者までもとらゆるぞ」
※光悦本謡曲・経政(1488頃)「ましてや多年の御ちぐう、恵みをふかくかけまくも」
※阿部一族(1913)〈森鴎外〉「値遇(チグウ)を得た君臣の間に黙契があって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android