コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債券先物取引 サイケンサキモノトリヒキ

百科事典マイペディアの解説

債券先物取引【さいけんさきものとりひき】

金利先物取引とも。将来の特定の期日にあらかじめ定めた価格で現物の受渡し,または差額を決済する債券取引。契約日に現物を受渡しすることはほとんどなく,反対売買して差額授受により決済(差金決済)するのが普通である。
→関連項目金融先物取引証券取引法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

債券先物取引
さいけんさきものとりひき

債券を対象とした先物取引のこと。金融先物取引の一部。先物取引とは、将来の一定日(限月(げんげつ)=決済日のこと)に受け渡しを行う取引で、限月前に、売った場合は買い戻し、買った場合は売り払うという反対売買を行い、差金だけ授受してもよいとされる取引をいい、将来の値上がり、または値下がりに賭(か)け、売買差金を獲得しようとする差金取引である。債券先物取引の歴史は古いが、第二次世界大戦後に中断され、1985年(昭和60)10月に再開された。再開された取引は、架空の債権を設定し、それを売買するシカゴ取引所の方式である。東京証券取引所(東証)では、期限5年物(利率3%)と10年物(利率6%)の国債を設定して上場している。20年物(利率6%)も上場されていたが、2002年(平成14)から取引休止となった。アメリカ国債も一時は上場されたが売買が少なかったため廃止された。限月は3、6、9、12月の各20日。差金決済をしない場合は所定の現物の国債を授受する。国債価格の上昇は金利低下を、下落は金利上昇を意味するものであるから、債券先物取引とは金利への先行投機にほかならない。[後藤 猛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone