衆議(読み)シュウギ

大辞林 第三版の解説

しゅうぎ【衆議】

多人数で行う相談。また、その時の人々の意見。 「 -一決する」 「 -にはかる」

しゅぎ【衆議】

しゅうぎ(衆議)」に同じ。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐ぎ【衆議】

〘名〙 多人数で評議すること。また、その評議。多くの議論。しゅぎ。
※続日本紀‐和銅元年(708)二月戊寅「衆議難忍。詞情深切」
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論「又は『仕掛の有ならん』と衆議(シウギ)さらに一決せず」 〔漢書‐王莽伝上〕

しゅ‐ぎ【衆議】

太平記(14C後)八「さてこそ山門の衆議(シュギ)心々に成りて武家に心を寄する衆徒も多く出来にければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の衆議の言及

【一揆】より


[一揆の特徴]
 つぎに一揆集団の特徴であるが,その参加メンバーは,神との一体化意識にささえられ,現実の社会的規範・秩序などから解放され,その目的に応じたさまざまの人間に変身する。一揆結成の際に作成される一揆契約状に傘連判(からかされんばん)がみられることからも知られるように,一揆のメンバーは全員平等で,その集団意志の決定(衆議)は多数決制を原則とした。また鎌倉幕府,中世寺院の評定会議が,公正な判決を下すために一揆を結び,その裁判官の中立,裁判の独立を保持しようとしたように,一揆のメンバーは,その内部で主体的行動をとることが求められ,一揆そのものも上部権力,他集団からの強い自律性をその特徴としていた。…

※「衆議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衆議の関連情報