当てる/充てる/宛てる(読み)アテル

デジタル大辞泉の解説

あ・てる【当てる/充てる/宛てる】

[動タ下一][文]あ・つ[タ下二]
あるものを他のものに触れるようにする。直面させる。
㋐ある物にぶつける。「ボールを頭に―・てる」「的に―・てる」
㋑光・熱・風などに触れさせる。さらす。「日に―・てて布団を乾かす」「鉢植えを夜露に―・てないようにする」
㋒密着させる。あてがう。「額に手を―・てる」「継ぎを―・てる」「座布団を―・ててください」
㋓対抗させる。「練習試合で強豪に―・てて実力を試す」
期待やねらいどおりの状態にする。
㋐くじなどで賞を得る。「一等賞を―・てる」
㋑催しや企画などが成功する。「株で一山―・てる」「芝居で―・てる」
㋒正しく推測する。「彼の年齢を―・てる」「小説の途中で犯人を―・てる」
他のものに合わせる。うまく振り分ける。
㋐対応させてつける。「外来語に漢字を―・てる」
㋑仮にあてはめる。「わが身に―・てて考える」
㋒(充てる)全体の一部をそのために使う。「余暇を読書に―・てる」「ボーナスを旅費に―・てる」
㋓指名してやらせる。「先生に―・てられる」
㋔仕事や役などを割り振る。「重要なポストに新人を―・てる」
㋕(宛てる)相手に向ける。「母に―・てて手紙を書く」→当てられる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android