充当(読み)じゅうとう

精選版 日本国語大辞典「充当」の解説

じゅう‐とう ‥タウ【充当】

〘名〙
① ある目的や用途にあてること。
※東京学(1909)〈石川天崖〉一七「だが夫れを適用し運用して万般の行為に(ジウタウ)して行くと云ふことは」
② 同一の債権者に対し、二つ以上の債務を負担している債務者が、その全部に充(み)たない弁済をしたときに、そのうちどの債務から消滅させるかを定めること。弁済の充当。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「充当」の解説

じゅう‐とう〔‐タウ〕【充当】

[名](スル)
人員や金品を、ある目的や用途にあてること。「賞与は大口の出費に充当する」
債務者が同一の債権者に対して数個の債務を負担している場合に、債務者の弁済がその全部の債務を消滅させるに十分でないとき、どの債務の弁済にあてるかを定めること。
[類語]充てる充塡する当てはめる引き当てる補塡補給塡補穴埋め増補拾遺補遺補う追加付加補足補充カバー加味補完相補補訂補綴ほてい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android