加味(読み)かみ

精選版 日本国語大辞典「加味」の解説

か‐み【加味】

〘名〙
① 薬に、他の薬を加えて調合すること。加減。また、食べ物に他の味をつけ加えること。また、そのための調味料。〔運歩色葉(1548)〕
日葡辞書(1603‐04)「Cami(カミ)〈訳〉医者のことば。すなわち、原料を加減して薬を調合すること。文書語。一般にはカゲンという」
② ある事柄に他の要素をつけ加えること。
※随筆・文会雑記(1782)一「学問の浮過なる上に、無頼を加味したり、と南郭も歎息し玉へり」
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の家「丁度よき程度に人工の加味されてゐる窓外のをぼんやり眺めながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「加味」の解説

か‐み【加味】

[名](スル)
《薬に他の薬を加えて調合するから》味を付け加えること。
あるものに、別の要素を付け加えること。「参加者の意見を加味して日程を決める」
[類語]充てる充当する充塡する当てはめる引き当てる補給塡補穴埋め拾遺追加付加補足補充補うカバー加える補塡補完相補補訂補綴ほてい増補補遺足す添える加わる付け足す付け加える付ける付する継ぎ足す花を添える添加添付肉付け割り増し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android