光徳沼(読み)コウトクヌマ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光徳沼
こうとくぬま

栃木県北西部、奥日光の三(みつ)岳(1945メートル)南東麓(ろく)にある小沼。周囲約300メートル。水深は約1メートル。キャンプ場が開設され、6月にはズミの花が美しい。隣接して観光用の光徳牧場があり、湯ノ湖北岸の日光湯元(ゆもと)温泉から引き湯した温泉もある。ここから奥鬼怒(おくきぬ)にスーパー林道が通じる。涸(かれ)沼、切込(きりこみ)湖・刈込(かりこみ)湖を回って湯元に至る家族向きのハイキングコースは道路がよく整備されている。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android