コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光徳沼 コウトクヌマ

2件 の用語解説(光徳沼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうとく‐ぬま〔クワウトク‐〕【光徳沼】

栃木県日光市、戦場ヶ原の北にある沼。周囲300メートル未満の小さな湧水池。湖面標高は約1420メートル。沼はズミの低木に囲まれ、シラカバミズナラなどの群落もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光徳沼
こうとくぬま

栃木県北西部、奥日光の三(みつ)岳(1945メートル)南東麓(ろく)にある小沼。周囲約300メートル。水深は約1メートル。キャンプ場が開設され、6月にはズミの花が美しい。隣接して観光用の光徳牧場があり、湯ノ湖北岸の日光湯元(ゆもと)温泉から引き湯した温泉もある。ここから奥鬼怒(おくきぬ)にスーパー林道が通じる。涸(かれ)沼、切込(きりこみ)湖・刈込(かりこみ)湖を回って湯元に至る家族向きのハイキングコースは道路がよく整備されている。[平山光衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光徳沼の関連キーワード栃木県日光市柄倉栃木県日光市清滝栃木県日光市七里栃木県日光市瀬川栃木県日光市瀬尾栃木県日光市中宮祠栃木県日光市所野栃木県日光市日光栃木県日光市野門栃木県日光市山口

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光徳沼の関連情報