コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光混合 ひかりこんごうoptical mixing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光混合
ひかりこんごう
optical mixing

振動数が f1f2 である2つの光波を適当な方法で重ね合せて,振動数が n1f1±n2f2 ( n1n2 は正の整数) の光波をつくることをいう。この現象は,普通の波や波長の長い電波では簡単に観測され,利用されている。光の場合非常に単色性がよく,しかもエネルギー密度の高いレーザー光を非線形結晶などに当てれば観測できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりこんごう【光混合 optical mixing】

非線形光学現象の一種。異なる周波数ν1,ν2,……をもつ複数個の光を物質にあてたとき,その非線形性によって,新しい結合周波数ν=m1ν1m2ν2+‥‥(m1,m2は正,または負の整数)をもつ光が発生する現象をいう。入射光の波長の組合せで決まる新しい波長の光の発生といってもよい。光の電場を受けた物質が示す非線形的な応答(電気分極や電流など)には,入射光の電場成分のさまざまな積が現れ,そこから上記のような結合周波数で振動する応答成分が生じ,このような光の発生が起こる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の光混合の言及

【非線形光学】より

…もっとも簡単な過程として,周波数νの入射光に対しmν(mは整数)の周波数(波長はm分の1になる)の光を生ずる高調波発生がある。これを一般化した現象として,異なる周波数ν1,ν2,……の複数個の入射光を用いて,その結合周波数ν=m1ν1±m2ν2±……(m1,m2は整数)の光を発生する光混合がある。また,周波数ν0の1個の入射光によって,ν0=ν1+ν2の関係を満たすν12の周波数の光を発生するパラメトリック過程がある。…

※「光混合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光混合の関連キーワード非線形光学振動数光励起M1