コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演色性 えんしょくせいcolor rendering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

演色性
えんしょくせい
color rendering

光源が放射する光の分光分布が異なれば,照明された物体の色は異なって見える。この性質を光源演色性という。たとえば食肉のような暖色系の物体は,赤黄色光の多い白熱電球で照明すれば鮮かに見え,青色光の多いケイ光灯で照明すればどす黒く見える。したがって,演色性の度合いを示すのに平均演色評価数という数値が用いられ,照明用光源の性能を示す一つの指標になっている。また,色名を決めるために国際照明委員会 CIEによって標準光源が規定されており,通常は平均昼光に近いC光源の照明のもとで,標準色標と眼視により比較して色名を決める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんしょく‐せい【演色性】

照明による物体の色の見え方の特性。色が自然光で見た場合に近いほど、演色性がよいという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんしょくせい【演色性 colour rendering property】

各種の人工光源について,物の色をどれだけ自然に見せるかという観点から評価した性能。人間は太陽光の下での物の色の見え方をもっとも自然と感ずる。太陽光と違った光の組成をもつ人工光源の下では,同じ物でも違った色に見え不自然と感ずる。例えば,図に示すように蛍光灯は太陽光とはまったく異なったスペクトル(光をプリズムで分光し,各波長に含まれるエネルギーの割合を示したもの)を有する。つまり,光の組成がまったく異なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんしょくせい【演色性】

人工光源の性能の一。物の色を自然光で見た状態に近い色で表現しうる性能。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

えんしょくせい【演色性】

照明器具が物体を照らしたとき、その物体の色の見え方に及ぼす光源の性質のこと。自然光で見た場合に近いほど演色性がよいとされる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

演色性の関連キーワードメタルハライドランプナトリウムランプライトボックスキセノンランプハロゲン電球水銀ランプ照明器具印刷適性投光器白熱灯

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android