コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青ヶ島 あおがしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青ヶ島
あおがしま

東京都伊豆諸島八丈島の南約 70kmにある複式火山島(→複式火山)。活火山で,常時観測火山。一島で青ヶ島村を構成。典型的な成層火山で,海岸線は大部分が高さ 200m前後の断崖絶壁で港湾設備はない。17~18世紀にたび重なる噴火に見舞われ,天明5(1785)年の噴火では多数の死者を出し全島民が避難,一時期無人島となった。八丈島からの定期船は,南西岸の三宝港で,本船はしけで連絡,接岸する。高温多湿の亜熱帯気候で,全島にタブノキ,ハマアジサイ,オオバヤシなどの亜熱帯性植物が生育する。面積 5.97km2。人口 203(2000)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あお‐が‐しま〔あを‐〕【青ヶ島】

伊豆諸島の、八丈島の南約70キロにある火山島。面積5.2平方キロメートル。東京都に属する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

青ヶ島【あおがしま】

東京から約360km南方にある伊豆諸島中の島。東京都八丈支庁青ヶ島村をなし,5.96km2,201人(2010)。15世紀には定住者がいたとされ,上杉氏,小田原北条氏の勢力下にあったという。
→関連項目八丈実記ベヨネース列岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおがしま【青ヶ島】

東京都,伊豆諸島八丈島南方約70kmにある島。一島で八丈支庁青ヶ島村をなし,面積5.98km2,人口237(1995)。伊豆諸島の中で居住のみられる最南端の島である。全島が玄武岩および安山岩よりなる複式成層火山で,最高点は外輪山の大凸部(おおとんぶ)で423m。外輪山内の火口原には比高約120mの中央火口丘丸山があって模型的な火山形態を示している。島の周囲は高さ100m余に及ぶ海食崖によって囲まれ,港湾の建設はさまたげられ,漁業はふるわない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あおがしま【青ヶ島】

伊豆諸島最南端の火山島。面積5.2平方キロメートル。東京都に属す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕青ヶ島(あおがしま)


伊豆(いず)諸島南部、八丈(はちじょう)島の南方約70kmにある島。面積6.0km2。1島で東京都青ヶ島村をなす。全島が複式成層火山からなり、最高点は外輪山西部の大凸部(おおとんぶ)で標高423m。島の周囲は高さ250mにも達する海食崖(かいしょくがい)が発達。1785年(天明(てんめい)5)の大噴火で140名の死者を出し、全住民が八丈島へ避難し、約50年間は無人島だった。サツマイモ・サトイモ栽培が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青ヶ島
あおがしま

東京都、伊豆諸島の最南端にある島。八丈支庁青ヶ島村に属す。八丈島の南約67キロメートルの海上に位置し、長軸3.5キロメートル、短軸2キロメートル、楕円(だえん)形をなす。二重式の活火山島である。面積5.97平方キロメートル。外輪山は玄武岩、中央火口丘は安山岩からなる。カルデラは直径1.5キロメートルで、外輪山の北西縁が島の最高点(423メートル)。噴火は爆発型で、1783~1785年(天明3~5)の大噴火では溶岩も流出。家屋はほとんど焼失し、死者約140人、生き残りの約200人は八丈島へ避難し、半世紀後にようやく帰島。数か所に噴気、地熱地域がある。島の周囲は高さ50~200メートルの海食崖(がい)で囲まれている。高温多雨の亜熱帯性気候の島である。人口157(2009)。[菊池万雄・諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

青ヶ島の関連キーワード東京都青ヶ島村無番地八丈島東方沖地震東京都青ヶ島村青ヶ島村の要覧日本の活火山青ヶ島(村)アカコッコ富士火山帯東京(都)八丈(町)為朝伝説佐久百合明神礁魚礁青酎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青ヶ島の関連情報