コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田氏 おだうじ

3件 の用語解説(小田氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小田氏
おだうじ

藤原北家八田流。関白道兼の子孫八田知家が,功により常陸志太義広の旧領を源頼朝から与えられ,筑波郡小田村に住してより小田氏を称した。鎌倉時代は常陸守護となる。南北朝時代初期治久は一時南朝方となったが,のち足利尊氏にくだる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おだうじ【小田氏】

中世の常陸国の豪族。下野の豪族宇都宮宗綱の次子八田知家を祖とする。知家は父宗綱の所領の一つである,現在の茨城県下館市八田を本拠とし八田武者所(はつたむしやどころ)と称した。治承・寿永の内乱に際し,知家はいち早く源頼朝に従い,常陸国内の諸勢力を圧して,同国内の軍事指揮権(のちの守護)を与えられた。のち筑波山の南麓,現在のつくば市小田へ本拠を移し,小田氏を名のる。在来の大勢力であった常陸平氏を圧迫して,常陸国の南半分を勢力下においた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小田氏
おだうじ

藤原道兼(ふじわらのみちかね)の玄孫八田知家(はったともいえ)を祖とする中世常陸国(ひたちのくに)(茨城県)の豪族。知家は早くから源頼朝(みなもとのよりとも)に従い常陸筑波(つくば)郡、北郡(ほくぐん)、田中荘(たなかのしょう)、小鶴(こづる)荘、下野(しもつけ)(栃木県)茂木保(もてぎほ)、美濃(みの)(岐阜県)伊自良荘(いじらのしょう)などを獲得し、のち筑波郡小田に居住。嫡男知重(ともしげ)が小田氏を称し、その兄弟は伊自良氏(有知、伊自良荘)、茂木氏(知基、茂木保)、宍戸(ししど)氏(家政、小鶴荘)、田中氏(知氏、田中荘)などを興しておのおの繁栄した。知家以来常陸守護職は小田・宍戸氏が掌握したが、得宗(とくそう)専制の下でその守護職もまた多くの所領とともに失って衰退した。戦国時代に政治(まさはる)、氏治(うじはる)が勢力回復に努めるが、佐竹・結城(ゆうき)氏に圧されて没落、氏治、守治(もりはる)はのち結城秀康(ひでやす)に仕え越前(えちぜん)(福井県)に移った。[市村高男]
『小丸俊雄著『小田氏十五代』上下(1979・崙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小田氏の言及

【常陸国】より

…南軍の勢力圏は霞ヶ浦西南岸の地帯であり,有力武将の小田治久,関宗祐,下妻政泰などに加えて,吉野から下向した春日顕国,広橋経泰,北畠親房などの活躍が目だつ。対する北軍としては佐竹一族,常陸平氏庶流で鹿島郡を支配してきた鹿島氏,その庶子家の烟田(かまた)氏,真壁郡の真壁氏,小田氏の庶流宍戸(ししど)氏,南郡内の下河辺一族などを挙げられる。ただし,所領の拡大・保全という在地豪族特有の論理と要求により,惣領と庶子が両陣営に分かれたり,同じ武将がはじめは南軍に属し,のちには北軍に従うといった傾向もみられる。…

※「小田氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小田氏の関連情報