コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中条氏(読み)ちゅうじょううじ

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうじょううじ【中条氏】

武蔵国中条保(埼玉県北部)を本領とする中世武家。武蔵七党横山党の流れをくみ中条保を領した義勝房法橋成尋(異称中条法印)の子家長が,下野国の雄族八田知家の養子となり,藤原姓中条氏の祖となった。家長は源範頼・義経の平氏追討軍にも名を連ねているが,その活躍はむしろ平時の政務において知られる。1225年(嘉禄1)創設された評定衆の一員として36年(嘉禎2)没するまでその任にあったほか,幕府の指令を伝達する特使としてたびたび上洛。

なかじょううじ【中条氏】

越後の中世武家。奥山荘を領した三浦和田氏の惣領家。相模国の雄族三浦氏の一族和田義茂が鎌倉時代のはじめ奥山荘地頭となって以来,分割相続によって荘内の各地は一族が分領する形態をとった。南北朝時代に入ると惣領による一族統制力が弱体化,庶子家がおのおのの所領を名字の地として分立し,黒川,羽黒,築地の各氏が成立した。惣領家も室町中期以降中条氏を称して,黒川氏などと抗争しつつ築地氏を被官化するなどして中世後期の動乱を乗り切り,のち上杉氏に属した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中条氏の関連情報