コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八端/八反 ハッタン

大辞林 第三版の解説

はったん【八端】

「八端織り」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八端
はったん

破れ斜文や山形斜文などの綾(あや)組織に織った絹織物で、縞(しま)、格子などの先染めにしたものや、捺染(なっせん)などの加工を施したものがある。この八端とは、八丈島で産出された八丈絹の帯織が八反掛け(一反をもって八反に換えることができるので、この名称がある)であることからきたとするものと、八反分をまとめて一機(ひとはた)で織ることからきたとするものがあるが、明らかでない。産地は主として山梨県の郡内地方であるが、最近では化学繊維を使って製織したものが各地にみられる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八端/八反の関連キーワード山梨県都留市郡内織物座ぶとん絹織物ふとん八端織座布団八端掛どてら寝具夜着都留

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android