八端/八反(読み)ハッタン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八端
はったん

破れ斜文や山形斜文などの綾(あや)組織に織った絹織物で、縞(しま)、格子などの先染めにしたものや、捺染(なっせん)などの加工を施したものがある。この八端とは、八丈島で産出された八丈絹の帯織が八反掛け(一反をもって八反に換えることができるので、この名称がある)であることからきたとするものと、八反分をまとめて一機(ひとはた)で織ることからきたとするものがあるが、明らかでない。産地は主として山梨県の郡内地方であるが、最近では化学繊維を使って製織したものが各地にみられる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android