コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八端/八反 ハッタン

3件 の用語解説(八端/八反の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっ‐たん【八端/八反】

八端織り」の略。
八端掛(がけ)」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八端
はったん

破れ斜文や山形斜文などの綾(あや)組織に織った絹織物で、縞(しま)、格子などの先染めにしたものや、捺染(なっせん)などの加工を施したものがある。この八端とは、八丈島で産出された八丈絹の帯織が八反掛け(一反をもって八反に換えることができるので、この名称がある)であることからきたとするものと、八反分をまとめて一機(ひとはた)で織ることからきたとするものがあるが、明らかでない。産地は主として山梨県の郡内地方であるが、最近では化学繊維を使って製織したものが各地にみられる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone