コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸(し)物 ムシモノ

デジタル大辞泉の解説

むし‐もの【蒸(し)物】

蒸して作った料理。茶碗蒸しなど。
蒸し菓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むしもの【蒸物】

蒸気で蒸してつくる料理。まんじゅう蒸しようかんなどの蒸菓子をこの名で呼ぶこともある。平安時代にはすでに使われていたことばで,《大和物語》には〈庭に生たるな()をつみてむし物といふものにして〉という記述がある。こしき)を用いて米などを蒸すことは古墳時代から行われており,菜を蒸すことももちろん可能であったが,《延喜式》に〈茹菜〉の語があり,菜の蒸物というのは,菜のゆでものであったかもしれない。《伊呂波字類抄》には〈茹〉と〈蒸〉とは同義とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

蒸(し)物の関連キーワード茶碗蒸し肉製品八角