コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八陣守護城 はちじんしゅごのほんじょう

世界大百科事典 第2版の解説

はちじんしゅごのほんじょう【八陣守護城】

人形浄瑠璃。時代物。11段。中村魚岸(魚眼),佐川藤太合作。正本では《八陳守護城》と表記。1807年(文化4)9月大坂大西芝居初演。徳川氏の策謀による豊臣氏の没落を,加藤清正豊家に対する誠忠や毒殺の俗説を中心として描き,それに大坂の陣における真田幸村の軍略家ぶりを加えた。名題の〈八陣〉は軍師正木雪総(幸村)が八陣の計を敷くことに由来し,守護城は清正の居城の肥後本城(熊本城)を暗示するとともに,加藻朝清(加藤清正)が幼君春若丸(豊臣秀頼)のために本城を守護したことを表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八陣守護城
はちじんしゅごのほんじょう

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。十一段。中村魚岸(魚眼)・佐川藤太合作。1807年(文化4)9月、大坂大西(おおにし)芝居初演。没落した豊臣(とよとみ)家に対する加藤清正(作中では朝清)の誠忠とその毒殺の俗説、大坂の陣における真田幸村(ゆきむら)(正木雪総(せっそう))の軍略が題材。雪総の八陣の計と、朝清が幼君のため肥後(熊本)の本城を守護したことを意味する題名で、四段目、北畑春雄(徳川家康を諷(ふう)す)に毒酒を飲まされた朝清が、身体の異状に耐えながら、一子主計之助(かずえのすけ)の許嫁(いいなずけ)雛衣(ひなぎぬ)を連れ琵琶(びわ)湖上を悠々と帰って行く「御座船(ござぶね)」と、八段目で朝清が正木・児島(後藤基次)の両軍師を得て安堵(あんど)して落命する「本城」が名高い。歌舞伎(かぶき)では「御座船」のスペクタクルが傑出。なお、近年では朝清を佐藤正清の役名で演じるのが普通である。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八陣守護城の言及

【太閤記物】より

…人形浄瑠璃,歌舞伎狂言の一系統。戦国時代末期の豊臣秀吉一代記に取材したもの。実録小説《真書太閤記》や1797年(寛政9)から1802年(享和2)に刊行された読本《絵本太閤記》などで知られた題材である。人形浄瑠璃だけで30編前後を数える。近松門左衛門の《本朝三国志》が初作で,後続の作品に大きい影響を与えた。1719年(享保4)初演。ついで25年の竹田出雲の《出世握虎稚物語(しゆつせやつこおさなものがたり)》が注目される。…

※「八陣守護城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八陣守護城の関連キーワード豊竹麓太夫(初代)佐藤魚丸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android