公共物(読み)こうきょうぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

こうきょうぶつ【公共物】

字義どおりに解すれば〈公共の物〉を意味するが,法制度上は,むしろ公物または国公有財産の観念がこの〈公共の物〉という観念に近い。法制度上の公共物の観念は,1948年公布の国有財産法において用いられたものである。すなわち,1921年公布の旧国有財産法では,〈国に於て直接公共の用に供し又は供するものと決定したるもの〉が公共用財産とされていたが,48年の国有財産法はこれを公共福祉用財産(公園,広場,記念物国宝等)と公共物(公共福祉用財産以外のもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうきょう‐ぶつ【公共物】

〘名〙 公共のために用いられるもの。公衆の共有物。公共福祉用財産のほか、道路、河川、水路、港湾その他、昭和二三年(一九四八)改正以前の国有財産法で、公共の用に供する財産ときめられていたものの総称。現行の国有財産法における「公共用財産」にあたる。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉一身一家経済の由来「其財産を天然の公共物(コウキョウブツ)と思い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公共物の関連情報