コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公有水面 コウユウスイメン

デジタル大辞泉の解説

こうゆう‐すいめん〔コウイウ‐〕【公有水面】

河・海・・沼その他の公共の用に供する水流水面で、国が所有するもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうゆうすいめん【公有水面】

公有水面埋立法(1921公布)が定めている概念で,,海,湖,沼その他の公共の用に供する水流または水面で,国の所有に属するものをいう(1条1項)。したがって,公共の用に供されている水面であっても,水面下の土地の所有権が私人に属する場合のように,国の所有に属しないものや,国の所有に属する水面であっても,公共の用に供されていないものは,ここでいう公有水面にはあたらない。他の法令や慣習により,公有水面に関して,その占用権や漁業権などが成立するが,公有水面の埋立て(干拓を含む)については,原則として,公有水面埋立法が規律している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうゆうすいめん【公有水面】

河・海・湖・沼その他公共の用に供する水流または水面で、国の所有に属するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公有水面
こうゆうすいめん

河川、海、湖沼その他の公共の用に供する水流または水面で国の所有に属するものをいう(公有水面埋立法1条1項)。国がその管理権を有し、公有水面埋立法に基づき出願人に対し公有水面埋立免許を与えることができる。埋立人は埋立工事を完成して竣功(しゅんこう)認可を得ると、埋立地の土地所有権を取得する。竣功認可があるまでは、現実には陸地となっていても、法律的には公有水面と解されている。ただし、竣功認可前でも所有権に準じた妨害排除請求権が認められる。
 埋め立てられる前の海面の地盤が国の所有権の対象となるか、単なる公法上の支配権の対象にとどまるかについては争いがある。公有水面埋立法第1条は前者の立場を前提としているが、不動産登記法は後者の立場を前提として、海面の登記は認めていない。ただし、例外として自然海没地などについては私所有権が残っているとの学説判例が優勢である。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

公有水面の関連キーワード「埋め立て承認」と「岩礁破砕許可」環境アセスメント知事と原発確認行為建設省特許

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公有水面の関連情報