コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公開鍵暗号方式 コウカイカギアンゴウホウシキ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

公開鍵暗号方式

情報を第三者が解読できない暗号に変換することで、インターネット上での安全な情報のやり取りを可能にする暗号化技術のひとつ。元の文を暗号化するときの暗号鍵と、暗号文を復号するときの復号鍵を別にする非対称鍵方式の暗号アルゴリズムで、暗号化には、誰もが入手できる公開鍵を使い、復号には、自分だけが持てる秘密鍵を使用する。ただし、公開鍵は誰でも入手できるため、それが間違いなく本人のものであると証明する必要がある。そこで、認証局という信頼できる第三者機関を設けて、公開鍵の正当性を担保している。これにより、データの盗聴や改ざん、なりすましなどの防止が可能。あらかじめ他人に公開しておく公開鍵は、相手が自分宛のデータを暗号化するときに使用する。また、自分で保管しておく復号鍵は、公開鍵で暗号化されたデータを復号するときに使用する。たとえば、AさんがBさんにデータを送信する場合、AさんはBさんが公開している公開鍵でデータを暗号化し、そのデータをBさんに送る。Bさんは送られてきたデータを秘密鍵で復号する。秘密鍵がないとデータを復号できないため、インターネットのように開かれたネットワークでの利用に適している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうかいかぎあんごう‐ほうしき〔コウカイかぎアンガウハウシキ〕【公開鍵暗号方式】

公開鍵暗号

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

公開鍵暗号方式【こうかいかぎあんごうほうしき】

ネットワーク上を流れる情報の安全性を守る技術。暗号の方式の一つで,暗号化と復号化に別々の鍵を用いる。各人が二つの対になった鍵を持ち,このうち一方を公開鍵として他者に配布し,他方を秘密鍵として本人が管理する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうかいかぎあんごうほうしき【公開鍵暗号方式】

電子情報を暗号化して送受信する際、暗号化と解読にそれぞれ別の鍵を使用し、解読用の鍵は公開しないため正しい受け手のみが情報を得られるシステム。インターネット上などで用いられる。 → 秘密鍵暗号方式

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公開鍵暗号方式
こうかいかぎあんごうほうしき
public-key cryptosystem

データを暗号化するときに使う暗号化鍵を一般に公開し,暗号化されたデータを解読して元に戻す復号鍵は秘密にしておく暗号方式。他者に読まれたくないデータをだれでも暗号化して送信できるが,復号鍵をもつ受信者以外は解読できない。1976年にアメリカ合衆国スタンフォード大学のホイットフィールド・ディフィーとマーティン・ヘルマンが構想を発表した。実用化のためいくつかの方法が提案されたが,なかでも 1977年にマサチューセッツ工科大学のロナルド・L.リベスト,アディ・シャーミア,レオナルド・M.エードルマンが発明した RSA暗号が高性能で広く使われている。これは,数十桁以上の二つの大きな素数をかけ合わせた合成数素因数分解する際の困難性を用いている。そのほか,代数幾何学での楕円曲線理論を利用した楕円曲線暗号もさらに高性能な公開鍵暗号方式として実用化されている。ネットワーク上でセキュリティを確保するために,情報送信者本人の身元の識別や,情報が偽造されていないことを確認する電子署名(デジタル署名)も主として公開鍵暗号方式を使っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公開鍵暗号方式の関連キーワードデータセキュリティ楕円曲線暗号方式フェルマの定理共通鍵暗号方式秘密鍵暗号方式エルガマル法一方向性関数電子認証業務離散対数問題RSA 暗号パスワード認証業務NTRUPCTSETセットRSADSAPGPTLS

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android