コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六十種曲 ろくじっしゅきょくLiu-shi-zhong-qu

2件 の用語解説(六十種曲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六十種曲
ろくじっしゅきょく
Liu-shi-zhong-qu

中国,明代戯曲の作品集。編者未詳。明末の毛晋 (1599~1659) の刊行。明初以来流行した南方系の戯曲,いわゆる南曲の作品 60種を収めたもの。『琵琶記』をはじめ『荊釵 (けいさ) 記』『還魂記』『南柯記』など南曲の代表作が収められ,明代戯曲を研究するうえで最も基本的な資料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくじっしゅきょく【六十種曲 Liù shí zhŏng qǔ】

中国,明末常熟の毛晋(1599‐1659)が編集し刊行した戯曲の選集。60種の作品を収め,元の雑劇《西廂記》のほかは,すべて明代の戯文である。毛晋はその汲古閣に膨大な書籍を蔵したが,その中から枢要な書を選んで復刻し,天下に流布させた人である。《六十種曲》は《十三経注疏》《十七史》《津逮秘書》などとともに,毛晋の名を不朽に伝えている。万暦年間(1573‐1619)には臧懋循(ぞうぼうじゆん)の《元曲選》をはじめ,元曲の選集が幾種か出版されていたが,毛晋はこれに対応し,明の戯文の価値を称揚すべく,この選集を刊行したと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone