コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六戸[町] ろくのへ

百科事典マイペディアの解説

六戸[町]【ろくのへ】

青森県東部,上北郡の町。稲作を中心とするが,ナガイモニンジンなどの畑作畜産も行う。食品加工も行う。東日本大震災で,町内において被害が発生。83.89km2

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくのへ【六戸[町]】

青森県東部,上北郡の町。人口1万0523(1995)。三本木原台地の南東部を占め,南部を奥入瀬(おいらせ)川が東流する。十和田市三沢市の間に位置し,十和田市と東北本線三沢駅を結んで十和田観光電鉄が通じているが,町の中心は国道45号線の通る南部の犬落瀬(いぬおとせ)にある。奥入瀬川沿いの低地は水田地帯となっており,台地ではかつて国の奨励作物としてテンサイ栽培が行われ,1962年には製糖工場がつくられたが,その後は振るわず,67年に閉鎖された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android