コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵棋 ヘイギ

世界大百科事典 第2版の解説

へいぎ【兵棋 war game】

実際に兵員や車両,艦船,航空機を動かさないで,それらをプラスチック等の標識で代用し,指揮官幕僚としての状況判断・幕僚勤務・指揮運用等の能力を教育・訓練するため,地図に展開した状況を中心に行う演習のこと。演習指導部が状況の推移等を教育目的等に沿うように計画し,それに基づいて,演習想定,第1状況,第2状況というように時間経過を追って戦況を進め,演習員はそれぞれあらかじめ決められた職務に応じて,戦況の進展に対応し,実際と同じような判断・計画・命令・指導といった戦術行為を自主的に判断して実施し,教育担当者がそのつど,必要に応じて指導するやり方を〈一方統裁〉方式という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へいぎ【兵棋】

地図上に駒こまなどを配置・展開して行う図上演習。指揮官・幕僚の指揮運用能力を高めるためのもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

兵棋の関連キーワードシミュレーション・ゲームシミュレーションゲームウオーゲーム兵棋演習山屋他人秋山真之軍事演習作戦配置戦闘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android