兼国(読み)けんごく

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐ごく【兼国】

〘名〙
① 本官のほかに、国司の官を兼任すること。
※三代格‐六・承和元年(834)八月二〇日「応遣唐使等兼国事力事
② 博士、医師などの職務で二国以上の国を受け持つこと。
※続日本紀‐宝亀一〇年(779)閏五月丙申「其博士医師兼国者、学生労於齎粮、病人困於救療
③ 国を併せ持つこと。他国を併合すること。
※浄瑠璃・最明寺殿百人上臈(1699)含み状「我願ひ叶ひなば、屋敷などは軽い事、一ケ国は極(きはま)って、其外の兼国(ケンゴク)望次第」 〔春秋左伝‐襄公二九年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android