コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内弁/内辨 ナイベン

大辞林 第三版の解説

ないべん【内弁】

〔承明門内で諸事を弁備(用意)する意から〕
中古、即位や節会せちえなどの儀式の責任者。左大臣を原則とするが、障りのあるとき、摂関兼務のときには次位の人が務めた。 ↔ 外弁げべん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内弁
ないべん

儀式の際の役名。即位や年中行事の元日の朝賀、元日節会(せちえ)、七日の白馬(あおうま)節会、16日踏歌(とうか)節会、5月5日端午(たんご)節会などの節会や大嘗会(だいじょうえ)などの重要な儀式のときに、内裏(だいり)の承明門の内部にあって諸事を奉行(ぶぎょう)する。左大臣が務める場合が多い。内弁に対し、外弁は承明門外の大内裏で事を務める。外弁は内弁に次ぐ大臣がなることになっている。[山中 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

内弁/内辨の関連キーワードメーン(Sir Henry James Sumner Maine)コーク(Sir Edward Coke)バリスター(廷内弁護士)内広がりの外すぼまり磐城海岸県立自然公園内広がりの外すばり宮古路薗八(3世)カンラン(寒蘭)ブラックストン任大臣の節会企業内弁護士メイトランドバンレイシソリシター寺田奈美江滋野井実在栄久庵憲司吉見純麿炬燵弁慶戸田忠至

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android