コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海弘蔵 ウツミコウゾウ

デジタル大辞泉の解説

うつみ‐こうぞう〔‐コウザウ〕【内海弘蔵】

[1872~1935]国文学者・歌人。神奈川の生まれ。落合直文の結成した浅香(あさか)社に入り、短歌の改革運動に参加する。のち明大の教授となり国文学者として活躍するかたわら同大野球部を創設。東京六大学野球の発展に尽力した。著「平家物語評釈」「方丈記評釈」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海弘蔵 うつみ-こうぞう

1872-1935 明治-昭和時代前期の国文学者,歌人。
明治5年3月24日生まれ。落合直文の浅香(あさか)社にはいり,月杖(げつじょう)と号し,「明星」にも寄稿する。明大教授となり,古典の評釈書などを刊行。また同大に野球部を創設,部長をつとめ,東京六大学野球の発展につくした。昭和10年12月7日死去。64歳。48年野球殿堂入り。神奈川県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内海弘蔵の関連キーワード内海 月杖明治

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android