コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海忠勝 うつみ ただかつ

1件 の用語解説(内海忠勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海忠勝 うつみ-ただかつ

1843-1905 明治時代の官僚。
天保(てんぽう)14年8月19日生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩吉敷(よしき)毛利家の家臣で,奇兵隊などで活動。明治4年岩倉遣外使節の随員。長野県,神奈川県,大阪府,京都府などの知事をつとめ,34年第1次桂内閣の内相となった。明治38年1月20日死去。63歳。本姓は吉田。通称は精一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

内海忠勝の関連キーワード近藤幸止市川正寧折田平内甲斐九郎片山遠平桜井勉時任為基人見寧松平頼英山中政亮

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone