内海忠勝(読み)うつみ ただかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海忠勝 うつみ-ただかつ

1843-1905 明治時代の官僚。
天保(てんぽう)14年8月19日生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩吉敷(よしき)毛利家の家臣で,奇兵隊などで活動。明治4年岩倉遣外使節の随員長野県,神奈川県,大阪府,京都府などの知事をつとめ,34年第1次桂内閣の内相となった。明治38年1月20日死去。63歳。本姓は吉田。通称は精一

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android