内田 るり子(読み)ウチダ ルリコ

20世紀日本人名事典の解説

内田 るり子
ウチダ ルリコ

昭和・平成期の声楽家(アルト),民俗音楽研究家 沖縄県立芸術大学教授;国立音楽大学名誉教授。



生年
大正9(1920)年8月8日

没年
平成4(1992)年5月1日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京音楽学校本科(現・東京芸術大学)〔昭和17年〕卒,ウィーン大学哲学科〔昭和37年〕中退

主な受賞名〔年〕
芸術祭奨励賞〔昭和24年 43年〕,日本歌謡学会賞(志田延義賞)〔昭和59年〕

経歴
昭和初期に童謡歌手としてデビュー。「待ちぼうけ」「雨降りお月」などを歌う。27年山形大助教授、29年日本女子体育短大助教授、31年国立音大助教授を経て、同大教授。この間、34〜37年ウィーン国立音大リート・オラトリオ科でエリック・ヴェルバに、フェルディナンド・グロスマンに声楽を師事。同期間、ウィーン大学哲学科に在学、ワルター・グラーフにつき民族音楽学専攻。平成2年沖縄県立芸術大学教授。コーネル大学(米国)東南アジア研究所客員研究員もつとめる。著書に「田植ばやし研究」「沖縄の歌謡と音楽」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

内田 るり子
ウチダ ルリコ


職業
日本舞踊家

肩書
内田流初代家元

生年月日
大正11年 7月5日

出生地
東京都

出身地
愛知県 名古屋市

学歴
東京音楽学校(東京芸術大学)声楽科〔昭和17年〕卒

経歴
6歳の時に名古屋の西川里喜代に入門、御園座で初舞台を踏む。昭和29年内田流を創立、家元となる。

受賞
名古屋演劇ペンクラブ賞〔昭和54年〕

没年月日
平成1年 11月8日 (1989年)

親族
養女=内田 寿子(内田流2代目家元)

内田 るり子
ウチダ ルリコ


職業
声楽家 民俗音楽研究家

専門
アルト,民族・民俗音楽学

肩書
沖縄県立芸術大学教授,国立音楽大学名誉教授

生年月日
大正9年 8月8日

出生地
東京

学歴
東京音楽学校本科(東京芸術大学)〔昭和17年〕卒,ウィーン大学哲学科〔昭和37年〕中退

経歴
昭和初期に童謡歌手としてデビュー。「待ちぼうけ」「雨降りお月」などを歌う。27年山形大助教授、29年日本女子体育短大助教授、31年国立音大助教授を経て、同大教授。この間、34〜37年ウィーン国立音大リート・オラトリオ科でエリック・ヴェルバに、フェルディナンド・グロスマンに声楽を師事。同期間、ウィーン大学哲学科に在学、ワルター・グラーフにつき民族音楽学専攻。平成2年沖縄県立芸術大学教授。コーネル大学(米国)東南アジア研究所客員研究員もつとめる。著書に「田植ばやし研究」「沖縄の歌謡と音楽」など。

所属団体
日本歌謡学会(理事),東洋音楽学会(監事) 新演奏家協会,瑠璃の会(主宰)

受賞
芸術祭奨励賞〔昭和24年 43年〕,日本歌謡学会賞(志田延義賞)〔昭和59年〕

没年月日
平成4年 5月1日 (1992年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android