コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御園座 みそのざ

7件 の用語解説(御園座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御園座
みそのざ

名古屋市中区栄にある大劇場。 1896年名古屋劇場株式会社の劇場として創建,当時の明治座を模したモダンな洋風劇場であった。 1945年戦災で焼失,47年再建されたが 61年に再び焼失。同年再建され,81年に内部を全面的に改装。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

御園座

1896年に創立された。「芸どころ名古屋」の象徴。戦前戦後は歌舞伎や文楽、宝塚少女歌劇、漫才など多彩な舞台が上演された。ピークの1970年代には年間の観客数は70万人超だったが、近年はレジャーの多様化や景気の低迷で落ち込み、収益も悪化していた。

(2012-12-29 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

御園座

愛知県名古屋市中区にある劇場。1896年開館。座席数は約1650席。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

御園座

正式社名「株式会社御園座」。英文社名「Misonoza Theatrical Corporation」。サービス業。明治29年(1896)「名古屋劇場株式会社御園座」設立。昭和22年(1947)「御園座株式会社」に改称。同36年(1961)現在の社名に変更。本社は名古屋市中区栄。劇場。歌舞伎・商業演劇中心。平成25年(2013)事業再生ADRにより経営再建をはかる。不動産賃貸や老人ホーム運営事業は撤退予定。名古屋証券取引所第2部上場。証券コード9664。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みそのざ【御園座】

名古屋市にある劇場。1896年6月,名古屋劇場株式会社御園座として同市中区南園町1丁目(現,栄)に創立され,翌年5月落成開場。初代社長は長谷川太兵衛。当初の外観は東京明治座にならったモダンな洋風の造りで,舞台間口10間半(約20m),奥行9間(約16m),客席は1,2階とも全部枡席で定員1216名,ほかに大入場200名,一幕見100名計1516名。1935年改築,45年3月戦災のため焼失したが,戦後は47年10月再建,61年2月火災により焼失,63年8月再建。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

知恵蔵miniの解説

御園座

愛知県名古屋市中区にある歌舞伎や演劇公演の老舗劇場・御園座の運営会社。正式名称は株式会社御園座。老人ホームや駐車場など不動産賃貸事業も併営している。1896年に創業し、翌97年に劇場を開場。劇場は名古屋大空襲や火災で2度消失するも、その都度再建し、1963年に御園座会館が完成した。同館内には劇場のほかボウリング場やビリヤード場も開設され(74年閉鎖)、73年には御園座演劇図書館が付設された。バブル崩壊以降は来客の減少による経営悪化で赤字が常態化し、2013年に事業再生ADR(経営再建手法の一種)の利用を第三者機関の事業再生実務家協会に申請、受理された。金融機関や地元企業などから資金支援を受け、18年をめどに老朽化した御園座会館を超高層マンション併設の劇場に建て替え、事業再生を図るとしている。

(2013-2-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御園座
みそのざ

名古屋市中区栄(さかえ)にある劇場。1897年(明治30)、長谷川太兵衛(たひょうえ)(1846―1906)を社長とする名古屋劇場株式会社が、東京・明治座を模範として建設。収容人員約1200名のルネサンス式洋風劇場で、同年5月初世市川左団次一座をもって開場した。1935年(昭和10)改築、1945年(昭和20)戦災により焼失、1947年再建。1961年に再度焼失したが、1963年地下2階、地上8階の御園座会館として新築開場した。うち劇場部門は1階から5階までで、地下2階に御園座演劇図書館を併設した。観客定員1659名。2013年(平成25)3月、建て替えのため閉鎖され、2018年に再開場の予定。
 名古屋における唯一の歌舞伎(かぶき)劇場で、各種の演劇を上演、中京地方の演劇文化に貢献している。[菊池 明]
『『御園座百年史』(1999・御園座)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御園座の関連キーワード愛知県名古屋市中区葵愛知県名古屋市中区金山愛知県名古屋市中区金山町愛知県名古屋市中区三の丸愛知県名古屋市中区橘愛知県名古屋市中区錦愛知県名古屋市中区平和愛知県名古屋市中区正木愛知県名古屋市中区丸の内愛知県名古屋市中区門前町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御園座の関連情報