コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロスマン グロスマンGrossman, Vasilii Semënovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロスマン
Grossman, Vasilii Semënovich

[生]1905.12.12. ベルジチェフ
[没]1964.9.14. モスクワ
ソ連の小説家。『ステパン・コリチューギン』 Stepan Kol'chugin (1937~40) ,『正義の事業のために』 Za pravoe delo (52) などの長編を書いた。

グロスマン
Grossmann, Henryk

[生]1881.4.14. クラクフ
[没]1950.11.24. ライプチヒ
ポーランド生れのフランクフルト学派系のドイツの経済学者。フランクフルト大学講師を経て,晩年はライプチヒ大学で教えた。主著『資本の蓄積並に崩壊の理論』 Das Akkumulations und Zusammenbruchsgesetz des kapitalistischen Systems (1929) で,第1次世界大戦前の E.ベルンシュタインらの修正主義に抗して,K.マルクスの資本主義崩壊論を O.バウアーの再生産表式の数学的モデルなどによって再定式化し論証を試みたことでかなりの反響を呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グロスマンの関連キーワードアインシュタイン(Albert Einstein)バスター ウイリアムスミハイル ブベンノーフアート ガーファンクルマイク エリスオクチャーブリ11月29日ケインズ学派汎アラブ主義ジャイプール内田 るり子ブーベンノフ不均衡分析早川 幸男アイソリスグリフィンエタニティ経済計画ラリック林 達次

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グロスマンの関連情報