コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロスマン グロスマン Grossman, Vasilii Semënovich

2件 の用語解説(グロスマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロスマン
グロスマン
Grossman, Vasilii Semënovich

[生]1905.12.12. ベルジチェフ
[没]1964.9.14. モスクワ
ソ連の小説家。『ステパン・コリチューギン』 Stepan Kol'chugin (1937~40) ,『正義の事業のために』 Za pravoe delo (52) などの長編を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グロスマン
グロスマン
Grossmann, Henryk

[生]1881.4.14. クラクフ
[没]1950.11.24. ライプチヒ
ポーランド生れのフランクフルト学派系のドイツの経済学者。フランクフルト大学講師を経て,晩年はライプチヒ大学で教えた。主著『資本の蓄積並に崩壊の理論』 Das Akkumulations und Zusammenbruchsgesetz des kapitalistischen Systems (1929) で,第1次世界大戦前の E.ベルンシュタインらの修正主義に抗して,K.マルクス資本主義崩壊論を O.バウアー再生産表式数学的モデルなどによって再定式化し論証を試みたことでかなりの反響を呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロスマンの関連キーワードふくふくクラクフ門サクラクレヨンクラクラクラクフ学院クラクフ共和国《クラクフ市民と山人たち》クラクフ聖母教会クラクフ蜂起ミコワイ(クラクフの)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グロスマンの関連情報