グロスマン(英語表記)Grossman, Vasilii Semënovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロスマン
Grossman, Vasilii Semënovich

[生]1905.12.12. ベルジチェフ
[没]1964.9.14. モスクワ
ソ連の小説家。『ステパン・コリチューギン』 Stepan Kol'chugin (1937~40) ,『正義の事業のために』 Za pravoe delo (52) などの長編を書いた。

グロスマン
Grossmann, Henryk

[生]1881.4.14. クラクフ
[没]1950.11.24. ライプチヒ
ポーランド生れのフランクフルト学派系のドイツの経済学者。フランクフルト大学講師を経て,晩年はライプチヒ大学で教えた。主著『資本の蓄積並に崩壊の理論』 Das Akkumulations und Zusammenbruchsgesetz des kapitalistischen Systems (1929) で,第1次世界大戦前の E.ベルンシュタインらの修正主義に抗して,K.マルクスの資本主義崩壊論を O.バウアーの再生産表式の数学的モデルなどによって再定式化し論証を試みたことでかなりの反響を呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グロスマンの関連情報