コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部経済 ないぶけいざいinternal economies

3件 の用語解説(内部経済の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部経済
ないぶけいざい
internal economies

A.マーシャルが用いた概念で,大規模生産が企業内部のコスト切下げることによって生じる経済的利益をいう。外部経済に対する概念。大規模生産は,機械化あるいは生産管理の集中化による経営の合理化,作業の特殊専門化による労働生産性の向上,小企業より金融の便が得やすいこと,さらに大量安価な原材料の購入が可能になるなどの利点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ないぶけいざい【内部経済】

企業が生産規模を拡大することで、生産量一単位当たりの平均費用を低下させること。 ↔ 外部経済

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の内部経済の言及

【外部経済・外部不経済】より

A.マーシャルは,産業の規模が拡大することによりその産業内の企業の生産効率が高まることを外部経済と呼び,企業の規模が拡大することによりその企業自身の生産効率が高まることを内部経済internal economiesと呼んだ。後者は企業の生産技術における規模に関する収穫逓増に対応する。…

※「内部経済」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone