コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円シフト えんシフトyen shift

3件 の用語解説(円シフトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円シフト
えんシフト
yen shift

外貨金融から円金融への移行 (シフト) をいう。日本の国内金利が海外金利より低くなった場合など,円による資金調達コストが外貨によるそれを下回った場合に起る。円シフトが発生すると,既存の外貨借款の返済が促進されるため円売りが増加するなどして,外貨直物相場が上昇する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えん‐シフト〔ヱン‐〕【円シフト】

商社などが輸入の決済資金調達を外貨から円貨に変えること。商社はこの円貨で外貨を買い、対外決済を行う。日本の金利が外国の金利より低くなると起こる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんシフト【円シフト】

広義には外貨金融から円金融へ移行することを指すが,狭義には日本の貿易取引に係る金融,とくに輸入取引に係る外貨金融が円金融へ移行(シフト)することを意味している。 円シフトは,日本の輸入金融について金利裁定取引に関連した円の国際化という側面をもっている。日本の輸入業者は通常,外貨建てで貨物を輸入し,それが国内で販売されるまでの期間について主として,本邦所在の銀行や外国の銀行,あるいは輸出業者から外貨金融を受けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone