コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円光院 えんこういん

朝日日本歴史人物事典の解説

円光院

没年:延宝8.11.11(1680.12.31)
生年:慶長14(1609)
江戸前期の人。円通寺開基。園基任の娘。後光明天皇生母の壬生院(園光子)の妹。はじめ中和門院に勤仕していたが,出雲松江藩主京極忠高の継室となる。忠高没後,京へ戻り,薙髪して円光院と称した。後水尾法皇の信任を得,幼少時の霊元天皇の傅育にも当たった。従兄弟でもある禅僧一糸文守らに法を問うなどして修行した。法号は菊潭文英。一時,江戸下向の話もあったようである。寛文12(1672)年法皇は幡枝御所(京都市左京区岩倉)の御殿,庭園を霊元天皇と円光院の山荘とする。延宝6(1678)年幕府に働きかけてこの地に円通寺を創建。山号および寺号は法皇が選んだものといわれる。<参考文献>京都市編『京都の歴史』5巻

(久保貴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

円光院の関連キーワード山梨県甲府市岩窪町東京都練馬区貫井円通寺(京都市)平岡次郎右衛門郁芳門院鷹司冬教鷹司基忠園文英牛原荘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円光院の関連情報