コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平谷村 ひらや

2件 の用語解説(平谷村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平谷村
ひらや

長野県南西部,木曾山脈南端部にある村。標高 900~1000mの高冷地にある。三州街道 (国道 153号線) と国道 418号線が交差する地で明治期まではにぎわったが,伊那電鉄 (現 JR飯田線) の開通により交通路の主役を譲ることとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平谷村

1934(昭和9)年の分村独立で発足し、総面積77平方キロの97%を山林が占める。戦前の最多人口は1600人台。戦後、林業が衰えて過疎化が進み、昨年、500人を切った。主な農産物トウモロコシ。観光立村を掲げ、スキー場、ゴルフ場、温泉施設「ひまわりの湯」などがある。小池正充村長(71)は3期目(再選と3選は無投票)。

(2014-04-18 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平谷村の関連情報