コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠松次郎 カンムリマツジロウ

4件 の用語解説(冠松次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんむり‐まつじろう〔‐まつジラウ〕【冠松次郎】

[1883~1970]登山家。東京の生まれ。黒部渓谷の遡行(そこう)に初めて成功。著「黒部渓谷」「山渓記」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

冠松次郎【かんむりまつじろう】

登山家。1911年初めて黒部峡谷に入り,以後黒部峡谷の探査と紹介を行った。紀行文にすぐれ《黒部峡谷》(1928年)などの随筆集がある。
→関連項目登山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冠松次郎 かんむり-まつじろう

1883-1970 明治-昭和時代の登山家。
明治16年2月4日生まれ。北アルプス,南アルプスの未踏の山に数々の足跡をのこし,紀行文や記録を発表。生涯の大半を秘境黒部の探索と紹介についやし,黒部の父とよばれた。昭和45年7月28日死去。87歳。東京出身。著作に「黒部渓谷」「立山群峰」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

冠松次郎の関連キーワード黒人問題鉄鋼業電気事業自動車工業朝鮮映画アルマン条約東欧演劇永堀剛敏RCA市民運動

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冠松次郎の関連情報