冠松次郎(読み)カンムリマツジロウ

デジタル大辞泉の解説

かんむり‐まつじろう〔‐まつジラウ〕【冠松次郎】

[1883~1970]登山家。東京の生まれ。黒部渓谷の遡行(そこう)に初めて成功。著「黒部渓谷」「山渓記」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

冠松次郎【かんむりまつじろう】

登山家。1911年初めて黒部峡谷に入り,以後黒部峡谷の探査と紹介を行った。紀行文にすぐれ《黒部峡谷》(1928年)などの随筆集がある。
→関連項目登山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冠松次郎 かんむり-まつじろう

1883-1970 明治-昭和時代の登山家。
明治16年2月4日生まれ。北アルプス,南アルプス未踏の山に数々の足跡をのこし,紀行文や記録を発表。生涯の大半を秘境黒部の探索と紹介についやし,黒部の父とよばれた。昭和45年7月28日死去。87歳。東京出身。著作に「黒部渓谷」「立山群峰」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんむりまつじろう【冠松次郎】

1883~1970) 登山家。東京生まれ。沢登りを好み、黒部川源流を初めて紹介した。名文家として知られる。著「黒部渓谷」「山渓記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠松次郎の関連情報