コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本嘉治馬 サカモトカジマ

デジタル大辞泉の解説

さかもと‐かじま〔‐カヂマ〕【坂本嘉治馬】

[1866~1938]出版実業家。高知の生まれ。小野梓(おのあずさ)に師事し、明治19年(1886)東京神田に冨山房を創立。辞典・学術書・教科書などを刊行した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本嘉治馬 さかもと-かじま

1866-1938 明治-昭和時代前期の出版人。
慶応2年3月11日生まれ。明治16年上京,小野梓(あずさ)の東洋館書店につとめる。19年冨山房を創業。吉田東伍(とうご)「大日本地名辞書」,大槻(おおつき)文彦「大言海」,「国民百科大辞典」などを刊行。昭和13年8月23日死去。73歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかもとかじま【坂本嘉治馬】

1866‐1938(慶応2‐昭和13)
冨山房の創業者。土佐宿毛町に生まれ,1883年に上京,小野梓(あずさ)が創業した東洋館に入店し,書籍の販売と出版について修業した。小野の病死により,東洋館が閉店した後,小野の遺志を受け継ぎ,86年,20歳のときに冨山房を創業した。小野梓の遺訓〈益世報効〉を忘れず,一人一業に徹した。1936年の創業50周年までに4000点近くの新刊書を出版した。【矢作 勝美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さかもとかじま【坂本嘉治馬】

1866~1938) 出版業者。高知県生まれ。1886年(明治19)東京神田に冨山房を創立、学術書・辞書類を刊行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の坂本嘉治馬の言及

【冨山房[株]】より

…1886年坂本嘉治馬によって東京神田神保町に創業された出版社。当初から質の高い大出版で知られ,大型の辞典で一時代を画した。…

※「坂本嘉治馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坂本嘉治馬の関連キーワード冨山房[株]坂本

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android