コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本嘉治馬 サカモトカジマ

4件 の用語解説(坂本嘉治馬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さかもと‐かじま〔‐カヂマ〕【坂本嘉治馬】

[1866~1938]出版実業家。高知の生まれ。小野梓(おのあずさ)に師事し、明治19年(1886)東京神田に冨山房を創立。辞典・学術書・教科書などを刊行した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本嘉治馬 さかもと-かじま

1866-1938 明治-昭和時代前期の出版人。
慶応2年3月11日生まれ。明治16年上京,小野梓(あずさ)の東洋館書店につとめる。19年冨山房を創業。吉田東伍(とうご)「大日本地名辞書」,大槻(おおつき)文彦「大言海」,「国民百科大辞典」などを刊行。昭和13年8月23日死去。73歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さかもとかじま【坂本嘉治馬】

1866‐1938(慶応2‐昭和13)
冨山房の創業者。土佐宿毛町に生まれ,1883年に上京,小野梓(あずさ)が創業した東洋館に入店し,書籍の販売と出版について修業した。小野の病死により,東洋館が閉店した後,小野の遺志を受け継ぎ,86年,20歳のときに冨山房を創業した。小野梓の遺訓〈益世報効〉を忘れず,一人一業に徹した。1936年の創業50周年までに4000点近くの新刊書を出版した。【矢作 勝美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さかもとかじま【坂本嘉治馬】

1866~1938) 出版業者。高知県生まれ。1886年(明治19)東京神田に冨山房を創立、学術書・辞書類を刊行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の坂本嘉治馬の言及

【冨山房[株]】より

…1886年坂本嘉治馬によって東京神田神保町に創業された出版社。当初から質の高い大出版で知られ,大型の辞典で一時代を画した。…

※「坂本嘉治馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坂本嘉治馬の関連キーワード創業者利得山房宿毛創業家高知県宿毛市貝塚高知県宿毛市宿毛高知県土佐郡土佐町田井福岡県築上郡上毛町安雲福岡県築上郡上毛町土佐井西村真次

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂本嘉治馬の関連情報