コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野為之 あまのためゆき

7件 の用語解説(天野為之の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天野為之
あまのためゆき

[生]安政6(1859).12.27. 江戸
[没]1938.3.26. 東京
経済学者,教育家,ジャーナリスト。 1882年東京大学文学部政治理財科卒業。同年立憲改進党入党,また東京専門学校 (現早稲田大学) の創立に参画し,以後 36年間にわたりおもに同校で経済学を中心に教鞭をとるとともに大学経営にも尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

天野為之【あまのためゆき】

経済学者,教育者。唐津藩医の子として江戸に生まれる。1882年,東大文学部卒後立憲改進党に入り,大隈重信らと早大の前身,東京専門学校を創立。1886年,J.S.ミルの流れをくむ主著《経済原論》を出し,英国古典学派経済理論の紹介に功績があった。
→関連項目町田忠治

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野為之 あまの-ためゆき

1861*-1938 明治-昭和時代前期の経済学者。
万延元年12月27日生まれ。東京専門学校(現早大)創立にくわわり,大正4年学長。「日本理財雑誌」を創刊し,「東洋経済新報」を主宰。明治23年第1回衆議院議員選挙で当選。J.S.ミルの研究者として知られる。昭和13年3月26日死去。79歳。江戸出身。東京大学卒。著作に「経済原論」「経済策論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

天野為之

没年:昭和13.3.26(1938)
生年:万延1.12.27(1861.2.6)
明治大正期の経済学者,教育家。唐津藩(佐賀県)の藩医天野松庵の長男として江戸で出生。高橋是清に英語を学び,明治15(1882)年東大政治理財科を卒業。大隈重信らと東京専門学校(早大)創立に参画,立憲改進党に入り第1回衆院選挙(1890)で佐賀2区から当選。第2回で落選後は早大で古典派に拠る経済学を教え,大正4(1915)年学長。かたわら明治35年より早稲田実業校長として終生実業教育に当たり,また30年から10年間『東洋経済新報』を主宰し,田口卯吉と並ぶ明治期の代表的な自由主義経済学者と目された。

(山口正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまのためゆき【天野為之】

1860‐1938(万延1‐昭和13)
経済学者,教育者。藩医の長男として江戸唐津藩邸に出生。1882年東大文学部卒業後,立憲改進党に入党,同時に東京専門学校(早稲田大学の前身)講師に就任,高田早苗,坪内雄蔵(逍遥)とならんで早稲田三尊と後世称せられ,また操觚(そうこ)界(ジャーナリズム)にも活躍した。東京専門学校での講義は86年刊行の《経済原論》に結実したが,本書は10年間に21版を重ねるほどの好評を博し,イギリス古典学派経済理論の日本への紹介に貢献したので,福沢諭吉,田口卯吉とともに明治の三大経済学者と称せられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あまのためゆき【天野為之】

1860~1938) 経済学者・教育者。佐賀の人。東大卒。イギリスの経済理論を日本に紹介。福沢諭吉・田口卯吉とともに明治の三大経済学者と称される。早大学長。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天野為之
あまのためゆき
(1861―1938)

経済学者、経済評論家、教育者。万延(まんえん)元年12月27日、唐津(からつ)藩医の長男として江戸に生まれる。1882年(明治15)7月東京大学文学部政治理財科を卒業、ただちに東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)の専任講師となり、1917年(大正6)いわゆる早大騒動で学長、教授を辞任するまで同大学の経営と教育に情熱を注ぎ、高田早苗(さなえ)、坪内逍遙(しょうよう)とともに「早稲田三尊」と称せられた。また早稲田実業学校の創設にも力を尽くし、創立翌年の1902年(明治35)から1938年(昭和13)3月26日に没するまで校長の職にあった。他方、1890年の第1回総選挙に佐賀県から立憲改進党候補として立候補し当選、ただ1期であったが衆議院議員を務め、また東洋経済新報社の創設、経営にも参加(1895~1907)、数多くの評論を発表した。彼の思想は、イギリスの功利主義とくにJ・S・ミルの流れをくむ自由主義であったが、現実的に例外として保護政策をも認めた点は、田口卯吉(うきち)と異なる。1886年3月に刊行された彼の『経済原論』は、日本人によって書かれた最初の読みやすい本格的経済原論として版を多く重ねた。主著にはほかに、経済政策論をまとめた『商政標準』(1886)、評論集『経済策論』(1910)などがある。[多田 顯]
『浅川栄次郎・西田長寿著『天野為之』(1950・実業之日本社) ▽堀経夫著『明治経済思想史』(1975・明治文献資料刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天野為之の関連キーワード光の科学史シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐種の起源コムスン春一番点字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone