コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大言海 だいげんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大言海
だいげんかい

国語辞典。大槻文彦著。 1932~35年に初版4冊本を刊行。 37年索引1冊,56年新訂版 (1冊本) 刊行。『言海』 (1889~91) の増補改訂版。サ行まで終ったところで著者が没したため,大久保初男が中心となって仕事を引継ぎ完成した。『大日本国語辞典』とともに近代的体裁をそなえた国語辞典の双璧とされ,後世の国語辞典に与えた影響は大きい。著者の個性の強く出ている本で,特にその当否はいろいろ問題とされるが,語源に力を入れて説いているのが大きな特色の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいげんかい【大言海】

国語辞書。5冊。大槻文彦著。昭和7~12年(1932~37)刊。著者没後の出版で、「言海」を増補・改訂したもの。語源の記述が多い。約8万語収録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大言海【だいげんかい】

国語辞書。大槻(おおつき)文彦著。5巻。1932年―1937年刊。同じ著者の《言》を増補改訂したもの。タ行以下は著者の死により,大久保初男らが受け継ぎ完成させた。
→関連項目国語辞典(日本)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいげんかい【大言海】

国語辞書。5冊。1932‐37年刊。大槻文彦(おおつきふみひこ)著。同じ著者の《言海》を増補改訂したもの。初め松平円次郎,浜野知三郎がその編集をたすけ,のち,かつて《言海》の編集にたずさわった大久保初男が加わった。中途で松平,浜野の2人はしごとを辞したが,大久保のみは,1928年大槻文彦が死んだのちもその業をつづけた。大槻文彦の死後には,兄の大槻如電(によでん)が編集を監督し,また,関根正直新村出の指導を仰いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいげんかい【大言海】

国語辞書。大槻文彦著。五冊。一九三二(昭和七)~37年刊。同じ著者の「言海」を大幅に増補改訂したもの。大槻没後、大久保初男らが継承して完成。独特の語源記述と豊富な用例を特徴とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大言海
だいげんかい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大言海の関連キーワード冨山房[株]坂本 嘉治馬関根 正直大槻 文彦タガヤサンハハコグサ坂本嘉治馬タンポポ大槻磐渓おてんば国語辞書理科教育甘納豆升∥枡冨山房おかめ丁稚用例文学睾丸

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大言海の関連情報