コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冴え渡る サエワタル

2件 の用語解説(冴え渡るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さえ‐わた・る【×冴え渡る】

[動ラ五(四)]
光や音などが一面に澄みきる。隅々まで澄みとおる。「―・る青空のもと」「―・る笛の音」
頭の働きやからだの調子などがひときわはっきりする。
「彼らの頭は夜が来ると一様に―・った」〈横光・碑文〉
腕まえや手際などがひときわ鮮やかである。「―・った包丁さばき」
一面に冷えきる。
「立ち待つにわが衣手に置く霜も氷(ひ)に―・り降る雪も凍り渡りぬ」〈・三二八一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さえわたる【冴え渡る】

( 動五[四] )
あたりの空気が冷たく澄んで、物の形や風景などがくっきりと見える。 「 - ・る冬の夜の月」
あたり一面が冷え冷えとする。 「我が衣手に置く霜も氷に-・り/万葉集 3281

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冴え渡るの関連情報