澄ます(読み)スマス

デジタル大辞泉「澄ます」の解説

すま・す【澄ます/清ます】

[動サ五(四)]
液体の、にごり・よごれなどの不純物を除いて透き通った状態にする。「汲み置いて井戸水を―・す」
気持ちを落ち着かせて雑念のない状態にする。「座禅を組んで心を―・す」
(「耳をすます」「目をすます」の形で)よけいなことを考えないで、その事一つに注意・意識を集中する。「耳を―・して聞く」

㋐そのようなことは自分に関係ないという顔をする。平然と構える。平気でいる。「―・した顔で人を笑わせる」
㋑まじめなようすをする。気どる。「おつに―・している」
洗い清める。
「御髪―・し、ひきつくろうておはする」〈・若菜上〉
の中を落ち着かせる。平定する。
一天しづめ、四海を―・す」〈平家・一二〉
(動詞の連用形について)
㋐一つのことに心を集中してその行為をする。「行い―・す」「聞き―・す」
㋑完全に…する。「研ぎ―・す」
[可能]すませる
[類語](1澄む澄みきる冴える冴え渡る冴え返る澄み渡る透き通る清澄透徹/(4㋑)勿体ぶる気取る格式ばるしゃれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android