コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冴え返る サエカエル

2件 の用語解説(冴え返るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さえ‐かえ・る〔‐かへる〕【×冴え返る】

[動ラ五(四)]
光や音などが非常にくっきりとあざやかである。「月の―・る夜」
春になっていったん緩んだ寒さがまたぶり返す。 春》「一本の薄紅梅に―・る/虚子
「きのうから寒くなった。…―・るなどという時節でもないに」〈漱石・琴のそら音〉
頭の働きが、非常によくなる。「酔いがさめて頭が―・る」
いったん衰えたものが、また盛んになる。
「どうかした工合で、その話が―・り」〈万太郎・続末枯〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さえかえる【冴え返る】

( 動五[四] )
光・音などが澄み切る。 「 - ・った冬の月」
春になってから、寒さがぶり返す。 [季] 春。 《 冴え返り冴え返りつゝ春なかば /西山泊雲 》
厳しく冷え込む。 「 - ・り更け行く風に霰降るなり/新後拾遺

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冴え返るの関連情報