コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出羽重遠 でわ しげとお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出羽重遠 でわ-しげとお

1856*-1930 明治-大正時代の軍人。
安政2年12月17日生まれ。明治5年海軍兵学寮にはいる。日清(にっしん)戦争では連合艦隊参謀長,日露戦争では第一艦隊第三戦隊司令官をつとめる。45年明治期では唯一の薩摩(さつま)出身でない海軍大将となる。大正3年シーメンス事件の査問委員長となった。昭和5年1月27日死去。76歳。陸奥(むつ)会津郡(福島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

出羽重遠

没年:昭和5.1.27(1930)
生年:安政2.12.17(1856.1.24)
明治大正期の海軍軍人。会津藩(福島県)藩士出羽佐太郎重信の長男。戊辰戦争では白虎隊に属したが鶴ケ城内にいて出撃しなかった。明治5(1872)年海軍兵学寮に入る。26年海軍省官房人事課長,同年「赤城」艦長を経て,連合艦隊参謀長として日清戦争(1894~95)に出征。のち常備艦隊司令官,軍務局長兼軍令部次長などを歴任し,日露戦争(1904~05)では第1艦隊第3戦隊司令官として活躍。戦後は教育本部長,佐世保鎮守府司令長官などを歴任。40年男爵,45年大将に進む。大正3(1914)年シーメンス事件査問委員長となり海軍部内の正常化に努めた。明治期ただひとりの非薩摩出身海軍大将。<参考文献>松野良寅『海は白髪なれど』

(岸本昌也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

出羽重遠の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android