コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲阿国 イズモノオクニ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲阿国 いずもの-おくに

?-? 織豊-江戸時代前期の芸能者。
歌舞伎の創始者とされる女性。出雲大社の巫女(みこ)を称したが,出自には諸説がある。芸能団を組織して諸国をめぐる。慶長8年(1603)から女性が男装して簡単な筋にそってうたいおどるかぶき踊り(阿国歌舞伎)を演じる。京都北野神社,四条河原などで興行して人気を得,女歌舞伎発展のもととなった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

出雲 阿国


芸名
出雲 阿国

性別
女性

生年月日
1982/09/13

星座
おとめ座

干支
戌年

血液型
O

出身地
島根県

身長
155cm

体重
47kg

ブログタイトル
未婚の女子は南東の風にあたれ

ブログURL
http://blogs.yahoo.co.jp/okuni_blog

職種
お笑い

語学
英語/中国語

趣味・特技
ピアノ/歌/ダンス/風水/英語/中国語

プロフィール
1982年生まれ、島根県出身のお笑い芸人。恋愛自虐ネタをピアノを弾きながら奇声を発するというネタがある。趣味・特技は、ピアノ、歌、ダンス、風水、英語、中国語。主な出演作品は、日本テレビ『エンタの神様』、日本テレビ『ラジかるッ』、テレビ朝日『お願い!ランキング』、読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』などがあり、TBS『帝王』などのドラマにも出演するなど多方面で活躍している。

代表作品
ドラマ『帝王』 / バラエティー『お願い!ランキング』 / バラエティー『『ぷっ』すま』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いずものおくに【出雲阿国】

安土桃山時代から江戸初期にかけて活躍した阿国歌舞伎の創始者で、歌舞伎の始祖とされる女性。出雲大社の巫女みこであったといわれ、芸能団を組織して各地を歩き、1603年京都四条河原で念仏踊りを興行して人気を得、さらに簡単な所作を加えて阿国歌舞伎に発展させた。一座の狂言師三十郎(三九郎)あるいは名古屋山三なごやさんざの協力があったといわれる。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出雲阿国の関連キーワード島根県出雲市大社町杵築北花柳 寿美(1代目)花柳 寿美(初代)安土桃山時代出雲のお国窪田弘和念仏踊り歌舞伎踊鈴川法子三九郎高桐院

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出雲阿国の関連情報